FX初心者がやるのは危険?おすすめの本やセミナーは?

トップページ >
ページの先頭へ

初めてFX口座を開いてみる

FXの口座を初めて開く場合、ちょっと面倒に感じてしまうこともあります。

必要な情報を入力するだけでしたらすぐ終えることができますが、身分を証明するものを送付しないといけません。

しかし、最近ではオンラインを使って送ることができるようになり、運転免許証を携帯などで撮影して、その画像を送信すればいいFX業者も中にはあるのです。

FXの口座を開設する場合に、手数料は発生するのでしょうか?結論からいうと発生することはありません。

FX口座を開設するだけなら全く費用が発生しないので、容易に、申し込みが可能です。

さらに、口座を維持するための費用も基本的にいりません。

口座に関する費用が必要ないこともあり、いくつかのFX業者を同時に利用する人が多いのでしょう。

FXには専門用語がいくつか存在しますから、FX初心者の方は頻繁に使われる専門用語を覚えなければなりません。

FXにおけるポジションもFXで投資を行う場合に専門用語の一つとして、よく使用されます。

ポジションという用語の意味は、直訳すると「位置」ですけれども、FXにおいては「持ち高」のことを意味します。

持ち高という専門用語の意味は、通貨を持っている状態のことを指します。

最近では、システムトレードを利用して、FX投資する人が少なからずいるようです。

FX投資においては、投資していた外貨が前触れなしに大幅に安くなると驚いてしまい、上手く損切りを実行できない可能性があります。

なるべく少ない損失で乗り切りたいとの気持ちが損切の機会を捉え損ねさせてしまうのです。

FX投資で得られた利益には税金がいくらになるのでしょうか?FX投資で稼いだ利益は税制上、「雑所得」になります。

一年間の雑所得の合計が20万円以下である場合は、課税対象ではありません。

なお、雑所得の合計が20万円を超える場合には、確定申告のお手続きをする必要があります。

税金が未納の場合と脱税になってしまうので、用心してください。

FXだったらレバレッジをかけることができるといったこともあり、自身の予想と逆に、動いたケースには、損切りを余儀なくされてしまうことがすごく多くあることと言えます。

いっぺんに手元にあったお金が無くなるということも、多くあります。

ただし、FXは株よりも効率的に利益を上げることができると考えられるかもしれません。

FXは、日本語でいうと外国為替証拠金取引という意味のことで、ドルとユーロなど異なった通貨同士による為替取引です。

為替相場は1日毎に変動するものですが、FXはその動きを利用して通貨と通貨での売買を行い為替差益を得る投資の手法です。

ここ1、2年では、僅かな金額からでも始められる外貨投資法として、日本でも人気が高まっていますね。

FXで利益を得るためには、暴落のリスクをしっかりと考えのうちに入れておくことが重要です。

暴落はありえないような状況でも、石橋を叩くようにしてそのリスクを考えにおいたトレードをしてください。

FXにおいては絶対安全ということはないので、どんなに可能性の低いことでも考えるようにします。

たとえば、ドルの場合は利益を出すことは難しいですが、その代わりとして、リスクも大きくはなりにくいのです。

FXにはスワップポイントという金利と似たようなものを毎日受け取ることができます。

この金利と金利を日本のものと比べるとはるかに高いため、スワップポイントを狙ってFX投資をやる場合も少なくないです。

外国為替証拠金取引は、リスクを理解しておけば、外貨投資法としては手軽なものです。

FX初心者が気を付けておくべきことはレバレッジの調整です。

市場が予想と異なった動きをしているにもかかわらず、気軽にナンピンをし続けると、知らず知らずのうちに高レバレッジまで進んでしまい、証拠金維持率などをいつも気にしていないと強制的にロスカットさせられます。

ロスカットの事態になると、大きな損失が確定することがほとんどです。

FXで利益を出すには事前の勉強が必要

FX口座を作るのは簡単にできますが、トレードで儲けることができるかどうかは異なった話のことなので、前もって勉強しておいた方が得策です。

加えて、FX会社によって少々口座開設についての条件内容が違います。

その条件に当てはまらなければ口座開設は、不可能なのでご注意ください。

日経225とFXではどちらが稼ぎやすいのか、多くの方が気になっているのではないでしょうか?これは非常に難題な問題で、人によって異なると考えた方が賢明かもしれません。

二つとも投資という共通する点はありますが、何カ所か違う点があるので、その点を捉えて、どちらが自分に適しているのかを決めた方がいいでしょう。

FXのスワップインベストメントをする場合、如何なることよりもまず、外国為替証拠金取引業者選びが肝心です。

どうしてかというと、スワップポイントそのものが各業者で同じではありませんし、ちょっとの差異でも短くない期間、保持する上ではビックな差になってしまうためです。

また、信頼性の低くない外国為替証拠金取引業者を選ぶということも重要です。

FX投資に慣れていない人には、すごく受け入れ難いのが、ロスカットではないかと思いますが、それでは、ロスカットの重要性には一体どのようなことがあるのでしょうか。

まず、外国為替証拠金取引投資が初めての人のほとんどによく見受けられることは、損切りしなくてはいけない状況になっても、損切りをした途端に、相場がひっくり返るのではないかと思い、損切りが不可能なことです。

FX業者ごとに取引システムは違っており、自分に合うところと利用しづらい業者があります。

それを判別するためにも、デモトレードを利用することは有効です。

さらに、FX業者によっては、賞品が出るところもあります。

高い順位に入ることができれば外車などが賞品となっているデモトレードもあり、本腰を入れて取り組むことができるでしょう。

FX投資では、移動平均線やMACDをはじめ、ストキャスティクスのように複数のラインを利用したテクニカル指標を使って専門的な分析をすることが少なくないです。

それらの複数あるラインが下限で下から上へ向けてクロスする現象をゴールデンクロスと呼び、買いエントリーする時期を決断するのに、用いています。

FX投資を初めてする方もどちらかと言うと覚えていたほうがいいでしょう。

参考:FX初心者が失敗しないFX投資の始め方やり方まとめ

FXで使用されるテクニカル指標としてたくさんの人に利用されているのがいわゆるボリンジャーバンドです。

視覚的にトレンドの規模とトレンドの方向が分かりやすく、トレンドが現れたらエクスパンション(バンド拡大)が発生するので、トレンドフォローのトレードに最適です。

さらに、バンドの収れんはトレンド終了のしるしとして使用することができます。

外国為替証拠金取引で勝つ秘訣は予め利益確定や損切の規則を定めておくことです。

もし、設定していないと、儲けが出ている際にいつまでポジションを持ち続けていいか判断に迷いますし、損失が発生している時には、決断ができなくなってしまって、損失が拡大する危険性があります。

FXについては日々理解を深めていくことができれば大損失を出すこともないですし、わずかずつでもプラスにしていくことができるはずです。

FXは運だと考えている人は学んでいこうとはしないので、儲けを出すよりも損失のほうが多くなってしまうのです。

FXで稼ぎを出している方は、運が味方をしてくれるだけの努力をしてきた人々なのです。

FXの素人が気をつけなくてはならないことはレバレッジを管理することです。

市場が予想と逆に行っているにもかかわらず、適当に買い下がっていると、気付いた時には高レバレッジの状態になり、証拠金維持率などの状況をつかんでおかないと強制的にロスカットさせられます。

ロスカットさせられることになれば、大きな損になることがほとんどです。


Copyright (c) 2018 FX初心者がやるのは危険?おすすめの本やセミナーは? All rights reserved.