Bフレッツって何?

光ファイバー接続を普及させるために、NTT東日本と西日本が提供しているサービスがBフレッツです。

これは光ファイバーを一般家庭に普及させるための「FTTH」(Fiber To The Home)計画の柱となるサービスとなっています。

このBフレッツを導入することで、最大100Mbpsのインターネット接続を低額料金で使用することができます。

ADSLに比べてはるかに早い通信速度、そして安定した接続状況を得られる光回線を一般家庭で使用することができるのです。

特徴としてはインターネットへの接続は別途プロバイダと契約して行う点にあり、接続料金も別途にかかることになることでしょう。

このBフレッツには、居住環境などに合わせていくつかのタイプが用意されています。

まず戸建の家庭に向けたタイプです。

これは最もポピュラーなタイプのサービスといえるでしょう。

それからマンションなどの集合住宅に向けたタイプ。

最近のアパートやマンションでは、最初からBフレッツの環境が整っているケースもあります。

集合住宅の中で光ファイバーを共同利用するサービスとなっています。

このサービスは集合住宅の個数によっていくつかの種類に分けられることになります。

接続方法はおもに3種類です。

すでに光配線がされいてる場合には、それを各家庭にまで接続することになります。

LAN配線がある場合には、LAN配線方式を、光配線もLAN接続もない場合には既存の電話配線を使用して接続することになります。

今後光回線の普及に合わせて、さらに利用者が増えていくことが予想されているサービスといえるでしょう。