FX初心者がやるのは危険?おすすめの本やセミナーは?

トップページ > FX投資を行って得た利益には税金を納めな
ページの先頭へ

FX投資を行って得た利益には税金を納めな

FX投資を行って得た利益には税金を納めなければならないのでしょうか?利益をFX投資で得ると税制上、「雑所得」扱いとなります。

一年間の雑所得の合計が20万円以下だとしたら、課税の対象にはなりません。

しかし、合計の雑所得が20万円より多い場合には、必要になってくるのが確定申告です。

税金を納めないと脱税になるので、注意してください。

FX投資の一つの魅力は、レバレッジでしょう。

レバレッジというこの言葉を直訳してみると「てこ」という意味で、FX業者に取引保証金(証拠金)を預け入れると、その金額以上の取引ができることを意味します。

かけられるレバレッジがどれくらいであるかということはFX業者によって異なりますが、規制前と比較するとわかりますが、その倍率は低下しています。

近年では、システムトレードを利用して、FX投資する人が無視できない数になっているようです。

FX投資では、買った外貨が突然、大きく下落するとビックリしてしまい、上手に損切りを行えないことがあります。

なるべく少ない損失で乗り切りたいという思慮が損切りする機会を逃させてしまうのです。

FXでは差金決済で、その日の内は何回でもトレードできるのを利用してスキャルピングという手段を用いることができます。

このトレード手法では一度の取引の利益は微々たるものですが、トレード回数を増やしてわずかな利益を積み重ねていくのが一般的に行われている手法です。

利益確定、損切のpipsも、初めから決めておきます。

FXは他の金融商品に比べて、手数料が低いので、利益を上げやすくなっており、1万円から、投資を始めることもできます。

24時間いつでも取引可能ですし、金融商品の中でも、仕組みが分かりやすいこともあって、初めての人でも気軽にできます。

レバレッジを使うことで、入金額よりも多額の金銭を扱うことができ、たくさん利益を出せるかもしれません。

FXで大切なのは、経済指標なのです。

こういった指標により、レートの乱高下が起こることも珍しくはございません。

ダントツに有名な指標は、アメリカの雇用統計になります。

アメリカの雇用統計が強いと円安ドル高となって、弱いと、円高ドル安になります。

FXには、いろんな専門の用語があります。

指値とか逆指値というような言葉は、FXだけでなく、株でも使用します。

指値注文は成行注文と比べてみて、システマチックな取引ができるというメリットが得られる反面、取引が成り立ちにくいという欠点もあります。

逆指値注文の方は上手く使うと、損切りが迅速に行えます。

FXでは取引を繰り返すごとに少しずつ負担になっていくのがポジションを持つ時にかかるスプレッドなのです。

このコストはパッと見ると微量で大した額にならないよう見えたとしても、主流となった短期取引のケースだと取引をする回数が多い分だけ、ちりも積もれば山となるのです。

そのため、一番初めの業者選びの際にスプレッドを重要視するということは大切なことといえます。

FXを本業にする場合、本業における収入と同じだけの利益が外国為替証拠金取引で得られるかどうかです。

本業がきちんとあって、副業として、FXを行っている場合は、遊び気分でいられることもあって、ひょっとして本業よりも多くの金額を稼げていたかもしれません。

けれど、FXを本業にするとなると、それなりの圧迫感があります。

FXと外貨預金との差に、元本保証やレバレッジの利用といったものがあります。

外貨預金というのは銀行へ預け入れるお金ですから、基本的には元本の保証はされるようになってます。

FXではレバレッジを使うことができ、手元にある資金の数十倍もの金額で運用することも可能となりますが、逆に言えば大きな損失が発生することもありえるので、高いリスクともなるのです。

Copyright (c) 2018 FX初心者がやるのは危険?おすすめの本やセミナーは? All rights reserved.