FX初心者がやるのは危険?おすすめの本やセミナーは?

トップページ > FXの際、ほとんどが短期売買だと思います。
ページの先頭へ

FXの際、ほとんどが短期売買だと思います。

FXの際、ほとんどが短期売買だと思います。

その中でも、小さな値動きにより利益を抜くデイトレードだと、一瞬での値動きで売買を繰り返していくわけです。

利益が少ない分、トレード回数により稼ぐのと、損失を極力少なくするために、損切りすることを徹底しなければ勝てません。

FXとは、日本の言葉でいうと外国為替証拠金取引をするということで、ドルと円など、異なる通貨同士による為替取引です。

為替相場というのは、日々変動するものですが、FXはその動きを利用して通貨同士による売買を行い、為替差益を得る投資方法です。

近頃では、僅かな金額からでも始められる外貨投資法として、日本でも人気が高まっていますね。

FX投資にとりかかる前に、自分がどれだけ通過を投資できるかを思慮するというのも外せません。

所有通貨の量を事前に決定し、一定以上のポジションは投資に充てないようにしてください。

これによって、勝利しても勝利の証は少なくなりますが、損失も少なくなります。

FXのトレードをする上で、非常に重要なことは事前に損切り価格を設定することです。

ロスカットは発生する損失額を最小限に抑制するために、ある一定の値段になったら、反対売買すると、定めておくことをいいます。

損失が拡大し続ける事態を予防するためには、ロスカットを躊躇なく行うことが不可欠です。

FXにて米ドル円やユーロ円といった決済通貨が円の通貨ペアを買い、その後に円安方向にいくと為替差益が出ます。

円安の方向に動けば動くほど利益がふくらみますが、逆に円高方向に行ってしまうと含み損が出てしまいます。

ポジションをいつ取るのかがとても肝心です。

FX投資をスタートするときに学んでおきたいのがFXチャートをどう見るかという事です。

FXチャートというのは、為替相場の動きをグラフに表したものです。

羅列された数字だけでは見づらいですが、グラフとして表すことで明瞭になります。

FXチャートを参考にしないと目標とする利益を出すことは難しいので、まずは読み方を理解しましょう。

FXでは取引開始より先に業者に保証金を預けますが、レバレッジを用いたとするとさきほど言った保証金に対し、数倍から数十倍程度の金額まで取引を行うことができます。

レバレッジを使うことでハイリターンとなりますが、また同じようにリスクがそれだけ高くなる可能性もあるのです。

FXで成功するためには、暴落のリスクをちゃんと考えることが必要です。

暴落の原因が見当たらないような状況でも、大事を取ってそのリスクを検討したトレードをしてください。

FXにおいては絶対安全ということはないので、万が一のことも想定するようにします。

たとえば、ドルの場合ですと、利益を出しにくいのですが、その代わりにリスクも少なくなっています。

FXにおいては、様々な専門用語が存在します。

指値あるいは逆指値といったような言葉は、FXに限らず、株でも使います。

指値注文は成行注文と比べてみて、システマチックな取引ができるという特徴がある反面、売り買いの取引が成立しづらいという短所もあります。

逆指値注文の方なら上手く使うと、早めに損切りができてしまいます。

FXで損失しないために、暴落の危険性を真剣に視野に入れることが重要です。

暴落など考えられない場合でも、一応はその危険を考えに入れたトレードをすることです。

FXに100%という言葉はないので、万が一の場合も考えるようにします。

ドルの場合を例にとると、利益が出しにくいのですが、その分危険性も少しですむのです。

Copyright (c) 2018 FX初心者がやるのは危険?おすすめの本やセミナーは? All rights reserved.