親子リレー返済って何?

大きな金額を借り入れた場合、その支払期間が長期間に及ぶ時に選ばれる返済方式が親子リレー返済方式です。

親子リレー返済とは、親の借入金をその子が後継者となって引き継いで返済する方法です。

長期間にわたって返済できるメリットあるだけなく、無理に返済期間を短くする必要が無くなります。

また、借り入れを行う際の所得条件に関し、親子での収入を合算することができるようになるため、より大きな金額を借り入れることができるようになります。

様々なメリットがある親子リレー返済方式ですが、実際に利用する際は様々な条件を満たされなければなりません。

例えば、フラット35を利用する場合の親子リレー返済の条件は、借り入れ時点で公庫とフラット35の融資を受けていないことが条件となります。

また、年齢に関しても条件があり、60歳未満の人で、かつ収入のある人となります。

また、親子リレー返済を行う子供については、申込本人の子であることが条件です。

さらに、フラット35を利用して建てた住居に、借り入れた本人と同居することが条件となります。

ただし、住宅完成後すぐに同居できない場合は、将来同居する予定が立っていれば大丈夫です。

細かく条件が決められた親子リレー返済ですが、自分の子供が成人となって二世帯住宅を建てる場合には、子供がフラット35を申し込んで全額を返済するよりも、その親が借入の申込者となることで返済負担を分けることができます。