プロペシアの効果について

プロペシアが男性型脱毛症(AGA)において有効であることのメカニズムは、やや複雑です。

まず頭皮の中には男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが存在しています。

このジヒドロテストステロンは、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが、5α-リダクターゼと呼ばれる酵素によって変換されたものです。

ジヒドロテストステロンは脱毛の直接の原因となる物質です。

そのためこの変換がひんぱんに起きると脱毛は促進され、男性型脱毛症(AGA)を発症してしまいます。

そこでプロペシアの有効成分であるフィナステリドが活躍することになります。

フィナステリドは5α-リダクターゼを阻害する働きがあり、男性型脱毛症(AGA)が進行するのを強力に食い止めます。

つまりプロペシアの主成分であるフィナステリドには、直接毛母細胞に働きかけて、薄毛などを改善する機能があるのです。

良く薄毛や脱毛などは遺伝であると言われますが、これはひとえに体内にどれほどの5α-リダクターゼが存在しているかによって決定されています。

5α-リダクターゼの含有量が多い人は、5α-リダクターゼの少ない人よりもジヒドロテストステロンが多く生産されるために、それだけ薄毛などになるリスクが高いことになります。

このことから5α-リダクターゼを人よりも多く分泌する人も、初期の段階からプロペシアなどを使用することで、遺伝形質の弱点を補うことが可能となるのです。

実際に早くからプロペシアを服用し始めた人では、家系的に薄毛の人が多い場合でも、こうした症状が出なくて済んでいる人も多くいます。