転職で有利な資格

転職をする場合、学歴も似たような感じで職歴も同じような感じなら、やはり資格を持っている人が採用されると思いませんか?答えは、まさにその通り。

資格はたくさん持っていても転職に不利になることはありませんし、転職先で必要なスキルや職種によっては、とても有利に働いて採用に直結する事もあるようです。

どのような資格が転職で有利なのかといえば、それは転職したい仕事内容や業界などによって異なります。

例えば外資系企業などでは、語学力が必要になる場合が多いですよね。

その際に、募集してくる人材のほとんどは、語学力に自信がある人材であることを忘れてはいけません。

そんな時、語学力とビジネスを結びつけるような資格を持っていたりすれば、採用に一歩近づく事が出来ますよね。

業界によっては国家資格を取得している事で転職にとても有利に働く場合もあります。

例えば、不動産業界に転職する際には、宅建の資格を取得していれば転職にとても有利です。

これは、不動産会社では、社員数に対して一定基準の宅建保持者がいなければいけないというルールになっているためで、宅建保持者が増えれば社員も増やすことが出来ますし、会社の規模を大きくする事も可能なのです。

宅建以外でも、国家試験の資格は持っていれば採用に直結する事が多いようです。

事務職の求人情報の多くは、「ワードとエクセルが使えること」と求人条件が記載されている事も多いようです。

ワードやエクセルは自己学習でも十分に学ぶことが出来ますが、事務職を希望している場合には、もしかしたらパソコン検定などを受検して、自分自身のスキルを「資格」としてアピールする事も良いかもしれませんね。