トリマーの資格取得方法

トリマーと言えば、犬の美容師さんであるといえます。

このトリマーはできるだけ認定資格を持った方が安全です。

犬に関係する団体が認定している資格や、専門学校独自で認定している資格などがあります。

いずれに関しても、犬の生態や研修に関する勉強、トリミングの方法や爪の手入れなど多岐にわたった勉強と実地研修などを受けることができます。

ケンネルクラブなどが認めているトリマー資格を取得したい場合には、当該ケンネルクラブの会員歴が必要になることがあります。

また犬種が指定されることも多いために事前にどのようなトリマーになりたいのかをしっかり目的を決めてから学校探しをされることをお勧めします。

各種学校でトリマー資格を得る場合には1〜4年の通学と学費が多くかかることがデメリットですが、カットモデル犬で実地訓練などを行うことが可能です。

このほかの方法として、通信教育でトリマーの勉強をすることも可能です。

DVDやテキストなどで勉強をすることができますし、カットモデル犬の模型で練習をすることができます。

短期間で習得でき、費用は学校に通うより安く上がります。

ただし講座によっては目標スキルが自分の愛犬をトリミングできる程度であることも。

あなた自身がどのようなトリマーを目指したいか、終了後にはプロのトリマーとして就職できるだけのスキルが身につくのかなど事前に調べる必要がります。

通信講座は好きな時間に勉強をすることができますが、実地での練習ができないところが難点です。